失敗しない、自分にピッタリの医療用ウィッグの選び方とは?どこで買うのが正解か?

私はおかげさまで医療用のフルウィッグは卒業しましたが、これから必要とされる方のために出来るだけシンプルにわかりやすくまとめてみました。

 

 

 

これだけは押さえたいポイント

医療用ウィッグを購入する際に、絶対に外せないポイントは次の2つです。

 

  • 医療用JISに適合していること
  • 試着できること

 

医療用JISに適合しているメーカーは増えています。

通販のウィッグや、美容院が独自に扱うウィッグも続々と医療用JISを取得しています。

そんな中で、医療用JIS規格に適合していないものをわざわざ選ぶことはないでしょう。

肌が敏感になっている治療中に使用するものですから、粗悪品を買ってしまって肌トラブルが起きたら困ります。

 

着用感・フィット感、似合うかどうかは試着してみないと分かりません。

医療用ウィッグは、必ず試着してから購入しましょう。

 

管理人2

さらに可能であれば、アジャスター以外で細かなサイズ調整に対応しているとよいですね。

 

購入方法は3種類

医療用ウィッグを買える場所(購入方法)は、大まかにいうと3種類あります。

 

  • ウィッグ専門店
  • 通販
  • 美容室

 

この中で一番おすすめなのは、やはりウィッグ専門店です。

抗がん剤治療による脱毛というデリケートな問題に対しても、さすがプロフェッショナルという対応をしていただけます。

はじめてのウィッグの場合、

  • デザイン選び
  • サイズの選択
  • フィット感のチェック
  • サイズ調整
  • 似合うようにカット

これらのことを自分でするのは、かなりハードルが高いです。

やはり専門家にお任せすると安心で、よいウィッグ選びが出来るでしょう。

 

ウィッグ専門店で買う

医療用ウィッグ専門店スヴェンソン

専門店ではウィッグ選びを手伝ってもらえて、様々なサポートが受けられます。

価格帯は低価格から高価格まで様々なラインナップがあります。

直営サロン(予約必要)

専門店の直営サロンは予約が必要で敷居が高いように感じますが、そんなことはありません。

抗がん剤治療による脱毛というデリケートな状況だからこそ、専門スタッフによる親切な対応が受けられる専門店のサロンは安心です。

相談・試着は無料で、無理に購入を勧められることもありません。

予約するので待たずに済みますし、他のお客さんを気にせずに相談・試着ができます。

自髪のカットなど手厚いサポートが受けられるのも直営サロンの良いところです。

 

《気軽に相談できる全国にある専門店》

スヴェンソン
解説記事   公式サイト
アデランス
解説記事   公式サイト
アートネイチャー
解説記事   公式サイト

 

中でもスヴェンソンは医療用ウィッグ専門店なので、脱毛に関してスタッフの理解が深く、対応が素晴らしいと評判です。

 

管理人2

実際、わたしが行った時も担当者の方は本当に親切でした。

まず手始めに行ってみるならスヴェンソンをおすすめします。

>>アンクス・スヴェンソン・ラフラの比較はこちら

 

《一部地方にある専門店》

アーバンヘアミキ(九州)

ユキ

訪問サービス(予約必要)

スヴェンソン、アデランス、アートネイチャーでは、外出できない・したくない方のために訪問サービスがあります。

自宅や病室へ無料で訪問してもらえます。

脱毛のために外出できず塞ぎこんでいた方が、訪問サービスでウィッグを購入し笑顔を取り戻したという話はたくさんあります。

ウィッグにより以前の姿に戻ることで気持ちが前向きになり、治療を乗り切る助けにもなるのです。

訪問サービスでは、専門店のサロンと同様に専門家のアドバイスを受けながらウィッグを選ぶことが出来ます。

利用の際は事前に予約が必要です。

詳細は、各メーカーの公式サイトで確認してください。

スヴェンソン   アデランス  アートネイチャー

 

百貨店・ショッピングモールの店舗(予約不要)

ウィッグ専門店には、専門サロン以外に百貨店やショッピングモール内に展開している店舗もあります。

予約不要のところが多く、お買い物ついでに気軽に立ち寄れるのが特長です。

気軽に行ける反面、プライバシーへの配慮に関してはカーテンで仕切られているだけの場合もあり、店舗によっては美容室としての機能がなく自髪のカットなどは出来ないこともあります。

 

アデランス(フォンテーヌ)(ラフラ)

アートネイチャー(ジュリアオージェ)(アンクス)

ハイネット

シャポード

マリブウィッグ

 

通販で買う

通信販売のダンボール

通販のウィッグは低価格なのが特長です。

言うまでもなく、自宅でゆっくり買うことが出来ます。

しかし、頭のサイズや形によっては上手くフィットしない場合があります。

試着できる通販

医療用JISの認証を受けていて、無料で試着の出来る通販は3つありますが、それぞれに特徴があります。

 

リネアストリア
解説記事   公式サイト

人毛、レミー人毛、ミックス毛、人工毛とウィッグの素材の種類が豊富で低価格なのが特徴です。

試着できるのは人毛、ミックス毛の一部で、指定のウィッグのみです。

 

アクアドール
解説記事   公式サイト

取り扱いは人工毛のみです。

日本製耐熱ファイバーを使用しています。

人工毛のウィッグで試着できるのは他に見当たりません。

 

ライツフォル
解説記事   公式サイト

アデランスグループの工場で、百貨店などで販売されているウィッグを作っています。

医療用ウィッグを工場直売されています。

工場直売価格なのでデパートで買うよりも格安です。

自宅で試着して希望を伝え、カットやカールして仕上げていただけます。

試着できない通販

私元気
※返品は可能。

プリシラウィッグ
※初期不良のみ返品可能。

ブライトララ
※初期不良のみ返品可能。

マリブウィッグ
※店舗では試着可能。

 

美容院で買う

美容院

カーテンで仕切る、貸し切り対応など、プライバシーへの配慮方法はお店ごとに違います。

提携サロンでは、試着・相談が有料の場合もあります。

試着のためのウィッグが取り寄せの場合もあり、大手の専門店と比べると『とりあえず試着のみで』は少し行きにくい感じがします。

良い美容師さんに巡りあえれば、脱毛から治療終了・発毛まで、ウィッグのメンテナンスや頭皮のケアなどトータルに、安心してお任せできると思います。

 

フィットミー
※全国に取り扱い美容院あり

an(本店:池袋)

ミリオンバンブー(岐阜)

スリール( 美容室Chez Moi:大田区蒲田)

Berry&Rose(専用サロン:浅草)

 

管理人2

それぞれの詳細・特徴はリンク先の記事で確認してくださいね。